STAFF BLOG COFFEE CUP トヨタホームとうほくスタッフの日常のひとコマ

マイブーム!


陽春の候、みなさま風邪など召されずにお過ごしでしょうか。

春といっても夜はまだまだ冷え込む今日この頃…
そんな私は温かい紅茶を淹れてひとりゆっくり漫画を読むのが最近のマイブームとなっております。

みなさまは漫画は読まれますか?
本も読まなくちゃと思いつつもついつい手が伸びてしまう漫画…。
今回は、今夢中になっている漫画を2点、ご紹介させていただきたいと思います。

1点目はこちら*
20190326image1

タイトル:高嶺の蘭さん
作者:飴蜜さん

少女漫画の主人公にしては珍しい、学力優秀・スポーツ万能・クールビューティーな主人公と
お花屋さんが実家の男の子が織り成す、学園ピュアラブストーリーです。
毎話お花の花言葉がテーマになっていて、その花言葉にちなんだストーリーとなっています。
主人公がとても純粋でまっすぐで、心が疲れたときに読むと元気を貰えます。

私自身、漫画は一度読んだらあまり見返さないのですが、こちらはストーリーがわかっていても見返してしまいます。
現実世界に疲れたら、是非(笑)

2点目はこちら*
20190326image2

タイトル:星の瞳のシルエット
作者:柊あおいさん

こちらは今夢中になっている…というより、通年夢中になっている漫画です。
1985年から連載がスタートした作品で、作者は「耳をすませば」の原作者でもある柊あおいさんです。

学校が舞台のラブストーリーなのですが、学生時代によく見られる「親友と同じ人を好きになってしまった」
というテーマで物語が進んでいきます。
今から20年程前の作品なので、絵柄はもちろん、表現の仕方も時代を感じるところは多々ありますが、
恋をすると言うことは今も昔も変わらないんだなと感じる作品です。

こちらの作品は登場人物の感情の変化や心情がとてもリアルかつ繊細に描かれていて、
漫画でここまで表現出来るんだ!と初めて読んだ時は驚きました。
家の本棚に昔からあって、ひょんなことから読んだこちらの漫画ですが、今も変わらず一番大好きな漫画です。
性別関係なく、多くの方々に是非読んでいただきたい作品です。

これから4月になり、日に日に暖かく、そして春めいてきますが、
みなさまお風邪など召されない様、お気を付けてお過ごしください^^
いわき展示場でも、花壇に春のお花が咲き始めました。
色とりどりのお花と共に、みなさまのご来場をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

いわき展示場 Sugar

LINEで送る